スポンサードリンク


抜け毛を抑えて薄毛を予防育毛実践生活サイトトップ >スポンサー広告 >>スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
抜け毛を抑えて薄毛を予防育毛実践生活サイトトップ >女性の抜け毛問題について >>髪の毛にアイロンを使用する時の注意点

髪の毛にアイロンを使用する時の注意点

くせ毛で悩んでいる人はストレートアイロンを使用したり、
巻き髪を作る時はカールアイロンを使用するかと思います。
しかし、アイロンはとても熱が高いので髪の毛に大きな負担をかけてしまい、
最終的には髪の毛を痛める事になってしまいます。
乾いている髪の毛というのは熱に弱いので髪の熱さが80度以上になってしまうと、
髪の毛の内部組織を破壊してしまいます。
だから商品によっては取り扱い説明書に、
アイロンを使う時は少し濡れている状態で使用するようにと記載されているものもあります。
ですが、髪の毛を濡らした状態でアイロンを使用しても
髪の毛を痛ませている事には変わりありません。

髪の毛は乾いている状態だとキューティクルが閉じているのですが、
濡れているとキューティクルが開いてしまいます。

スポンサードリンク


その状態の時に高温のアイロンを髪の毛に当ててしまうと簡単に痛んでしまいます。
なので、アイロンを使用する時は乾いている時、
もしくはスタイリング剤を付けてから使用するようにしてください。

また、人によっては髪の毛を乾かす時にアイロンを使用している人がいます。
ある程度乾いている状態だったらアイロンで乾かしてしまえば
セットも簡単だし丁度良いといってそうする人がいますが、
それも髪の毛を痛ませている原因となるので止めるようにしましょう。


タグ:浜崎あゆみ,talkin' GRILL'OR L'ALSACIENNE I've B'z
スポンサードリンク


theme : ヘアケア
genre : ヘルス・ダイエット

フリーエリア

  • SEOブログパーツ
株
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。